きゃしゃーん理学療法士のリハメモ

きゃしゃーん理学療法士のリハメモ

気になったことの整理

将来のために理学療法士が知っておくべき2042(2040)年問題。人口、医療はどうなっている??

本日は2042年問題についてまとめたいと思います。


以前2025年問題についてまとめた記事もあるので、そちらも興味があればよろしくお願いします。
physicalkun.hatenablog.com


さて本日の2042年問題、、、正直あまり真剣に考えたくないほど、理学療法士にとっては深刻な問題かもしれません。


が、将来の展望をしっかりと直視することで、理学療法士としての質をどう上げていくか、、常にこれを考えるきっかけになると思います。

2042(2040)年の日本はどうなっているか??


現状のまま、時が進むと日本は2042年には一体どうなっているのでしょうか??


2025年には、団塊の世代が75歳以上となり、高齢者の人口が3.657万人に達すると見込まれています。


その後も、高齢者人口は増加を続け、2042年にさらに3.878万人となると予想されています。


ただ、2042年が高齢者人口のピークとゆわれており、その後は徐々に減少に転じるとの推計です。


高齢化率で考えた場合は、総人口は減少する中で高齢者が増加することにより、高齢化率は上昇していきます。


2035年には33.4%で3人に1人が高齢者です。2042年が高齢者人口のピークですが、出生率の低下により、総人口に対する高齢者の割合は増え続けます。


2060年には39.9%に達して、国民の2.5人に1人が65歳以上の社会が予想されています。本当に超超超高齢化社会ですねー、ちょっと想像できません。


遠い未来のようですが、現状のまま進めばこのような社会が待ち受けています。


特に今回のテーマの2042年以降が問題ですね。私たち理学療法士の対象の多くは高齢者です。


小児やスポーツ分野などもありますが、メインは高齢者です。今後、介護予防などでも新たな職域の拡大が図れると良いですが。


その対象である高齢者が2042年以降は減少していく時代が来るんです。理学療法士は今現在ぐんぐん増えてるんですけどねー。


理学療法士は今や年間に1万人近くが国家試験に合格してますからねー。今後どのように調整するのかは考えていただきたいですが。


今はまだ需要と供給のバランスが取れてるとは思いますが、需要がなくなれば当然リストラ等が出てくるでしょうね。


現在、まだまだ医師不足が問題となっていますが、その医師でさえ、今後過剰供給となるとの報告が、厚生労働省からされています。


推計によると、2033年頃に需要と供給が均衡し、それ以降は医師過剰になるとの見込みだそうです。


2042年。今から25年後です。理学療法士の年齢分布を見ると、25〜30歳が一番割合が多いです。となると、25年後は、50〜55歳。


自分の50〜55歳を想像してみてください。一般的に考えると、結婚して子供が大学生頃といった家庭が多いでしょうか??


なかなか昇給がない中でも、少しずつ上がったお給料を貰っているでしょうか。


おそらく、2042年頃は定年は65歳ぐらいか、もしかしたらもう少し上かもしれませんね。年金受給のタイミングも今より遅くなっているでしょう。


まだまだしっかり働かなきゃいけない中で、いかに自分に付加価値を見出せているか。病院・施設に必要な人材になっているか、、、


いずれ来るであろうこのような事態を想定して、危機感を持って働けているか、自分をマネジメントする意識があるか。


将来、明暗を分けるかもしれませんね。お互いに頑張りましょう!


本日も最後までお付き合いありがとうございました。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村